ままちゃりでの凄いお遍路さん

5月4日。ままちゃりで重装備の外国人が流ちょうな日本語で
リアのタイヤチューブを交換してくださいと、訪ねてくれました。
 お国はどちらですかと伺うと、オーストラリアで生まれて、15年ほど前に
カナダの方と結婚をしたそうです。


 そして、日本語が上手ですねと伺うと、歴史と・日本語の教師をしているそうです。
話をしていると、今回のトラブルで、森の自転車店に巡り合わせてくれたのは、
私の双肩にはお大師様が居る、お大師様があなたと巡り合わせてくれたと。
有難い・もったいないお言葉をいただきました。

 自転車はと言えば、霊場巡りにはふさわしくない、ままちゃりですが何と
堅牢なキャリアのステーをつけて上等なキャンピング仕様になっていました。
 一番札所霊山寺、近くの自転車さんでセッテッングしてもらったそうですが。
今夜は、土佐清水のホテルに泊まり、明日39番延光寺に向かうとのことでした。
全てパッキングした姿が見られないのが残念と言うと、後日、旅の途中の写真を
メールしてくれました。
ありがとうございます。
 
   Berenadett Boyle  ブレンダ ボイルさん 
 お大師様と良い旅をお祈りいたします。
 またいつの日かの再会を楽しみにしています。
   Yoshikazu Mori    森 祥一